測試test

測試test

測試test

測試test

測試test
測試test

測試test

測試test

About Us

ヒストリー

TMMA台北格鬥運動館的の前身は、当時台湾で最も成功していた総合格闘技(MMA)団体「浩天會館」ですが、その頃は格闘技の大会を開催することが難しく、資金繰りの悪化に直面し最終的に閉館を余儀なくされました。

その後、2019、TMMA最高執行責任者・邱郁智および散打重量級王者・王張傑の共同経営によって引き継がれ、後輩を育成しながら国内大小様々な試合に参加し、数多くのボクシング・散打・ムエタイ・キックボクシングのチャンピオンを輩出しました。

その経営過程の中で育んできた方向性を今後も継続的に発展するための拠りどころとして位置付け、ここに各ポイント毎にご紹介します。

産学連携

体育大学と連携して多くの成績優秀な選手を継続的に引き入れる事により、国内有数の専門的な訓練施設とする。

選手育成

中国・香港・日本・タイ等の様々なアマチュア及びプロの試合に積極的に選手を派遣するとともに選手引退後及び年齢を重ねた後の雇用方法の計画を行う。

コーチの育成

ジム内での教育訓練と専門的資格の取得を通して選手に技術面と学問上の理論を並行して学ばせ、将来的に専門的且つ効果的な指導を行える魅力的なコーチとなる。

経営人材の育成

経営管理を教育し、定期的に開く勉強会で知見を共有する。自らも戦え、コーチングが出来、経営が出来る万能型の人材育成を目的とする。

協会の設立

打撃系格闘技の普及を目的とした国内最初のムエタイ協会「中華泰拳協會」を設立して国内外の大会を誘致し、優秀な選手たちが国の栄光のために奮闘する場を用意する。

優秀なチーム作り

2018年までに5ヶ所のトレーニング拠点を設立、会員数は1万人を超える。羅子鈞、吳哲賢、白富貴、蔡昇諭、伍勤哲を筆頭とした総勢約40名を超えるコーチ組織は、7割以上が全国で行われた各試合における3位以上の成績を保有している。

研修会開催

豊富なレッスンで参加者を満足させる。

自分たちの教えるレッスンのほか、世界各地のプロ選手を招き数多くの国内外研修会を行う。現在までにK-1チャンピオン武尊、梶原龍児、Hiroya、香港のチャンピオン江富德、陳啟迪、ムエタイチャンピオンBunsit、台湾プロボクサー林明佳及び、国際選手、徐華彥、王葉豪、周廷原、劉泰均、邱奕均、ムエタイ名コーチ李智仁等に指導をいただいた。

商品販売

世界各国の専門格闘用品計17ブランドを代理、取次販売。

長年に亘りこうした活動を継続的に展開している目的は、武術が生活の目的となること、肉体を鍛え身体を健康に保つだけでなく更には剛毅な精神を養ってほしいと考えています。